東京写真月間2019「Meets Hong Kong 」に参加します

【Meets Hong Kong ★ミニ「箱信」写真展&トークイベントのお知らせ】

2017年の東京での個展および2018年の香港PMQでの個展にてお披露目した150枚の中から、選りすぐりセレクトを再びご覧いただけます。

ミニ写真集「箱信1」「箱信2」、葉書10カット、展示写真も同時販売いたします。

まことに僭越ながら、トークイベントにも登壇。「香港路地裏撮影は3Kだけど楽しい」というようなお話をしたいと思います。

開期はほぼ2週間にわたり、私のトークタイムは週末に3回ございます。お時間ございませば、遊びにいらしてくださいませ。

【トークイベントのスケジュール】
■5月25日(土)
14:00~ 細井研作(KEN3TV)&柴田誠
16:00~ 細井研作(KEN3TV)&柴田誠
■5月26日(日)
★14:00~ 島津真紀&柴田誠
15:00~ 香港猿創
★16:00~ 島津真紀&柴田誠
■6月1日(土)
★14:00~ 細井研作&島津真紀&松田浩一&柴田誠

▼イベント情報
「日本香港観光年」として、日本と香港で様々なイベントが開催されている2019年。東京写真月間の関連イベント「Meets Hong Kong」では、香港人写真家集団Artistic 7+のメンバーの作品を展示販売します。

また、香港を撮影している日本人の写真家の作品も展示。香港人が伝える今の香港の姿と日本人が捉えた香港、その視点の違いを体感できる写真展です。

さらに今回、オリジナルの香港グッズで人気を集める
香港猿創(https://www.hkoapes.com/i)、
Skip Rain(https://skiprain.stores.jp
のショップが会場内に期間限定オープン。香港でしか手に入らない香港猿創のショッピングバッグや飲茶柄のハンカチ、オンラインショップでしか販売されていないスキップレインの各種グッズが会場で購入することができます。

5/25-26の週末には、香港猿創のオリジナルジュエリーの販売をはじめ、トークショーなど、各種イベントも開催予定。香港の写真と共に、香港文化の一端に触れていただけるイベントMeets Hong Kongにぜひお立ち寄りください。

━━━━━━━━━━━━━━━
5/23-6/3 Meets Hong Kong
場所:ヒルトピア アートスクエア
主催:Japan Photo Globe
協賛:香港猿創/Skip Rain
協力:香港政府観光局
詳しくはFacebook[Meets Hong Kong]で検索
https://www.facebook.com/events/539311396599167/
━━━━━━━━━━━━━━━

60912655_2220276461386050_365961115181514752_n
東京・新宿に香港がやってくる♪
60394531_10212880383875542_6047932608447250432_o
2018年4-5月香港PMQでの個展風景です
60356333_10212880409316178_8679076251681423360_o
路地裏撮影中に、ふと目に留まった「箱信」を撮り続けて5年が過ぎました
60710014_10219202695838778_3159797054436278272_o
ヒルトピアへのアクセスです

香港大学で「配管ずラブ」

あとん10歳若かったら、たとえ東大より難関だと言われようが、私は挑んだ(かも知れない)。ここで学びたい、と。そう、香港で最も古い国立大学であり、孫文も学んだという学舎。私の大好きなあの存亡の危機にある古き良き薄扶林村の手前に位置している。村に下宿して、徒歩通学で完璧だ(妄想)

6O8dJR6iSBSZ6IfrPeAdJQ_thumb_3c8b

地図を見るだけでもその広さがわかります。

tqhbfTeRQea7V9T97TjHig_thumb_3c4d

それにしても、なんて素敵な場所。風水的にも素晴らしい空気が流れる高台にあり、大好きなビクトリア湾を望める絶景なのだから。

x9jC2zfFQ32vNjclteubXw_thumb_3c89

BbkQtaYxS0eIPHEvR7lWeQ_thumb_3c48

実は、駅(なんと「香港大学駅」という名前で、2014年にMTR港島線が延びたためアクセスが便利になった)の周辺は出没したことがあったのだが、今年5月の滞在の時にやっと初潜入を果たす。はい、当然ながら構内は自由に散策出来るのだ。私は美術館訪問がまずはの目的だったのだけれど、その後その広い構内をくまなく徘徊することに。しかし傾斜きつい。広すぎる。

特に目を見張ったのは、はい、その建物の立派さと緑の深さ。そして、そこにドドドーンと名脇役大賞を与えたいくらい怪しく素敵に存在する「配管たち」である。

z0DsGhbcQzqlIaEFIHiqYw_thumb_3c72

単なる「配管」は、ストリート写真を撮ろうとすれば嫌でも被写体に入ってしまう香港である。だが、しかし・・・ここの「配管様(敬称付)」は、そんじょそこらの配管とは違う。もう配管LOVERS撮影ツアー組みたいくらいに、その趣と佇まいが、ちが~うのです。

WS79bF2TRZiZso6+GjDHtw_thumb_3c50

ANpEssf8Ta20Ie4BvIv0eg_thumb_3c79

pRfNBYUWS6St8gin2C1zzQ_thumb_1f66

942kcAzjRbefkQYfF20RJQ_thumb_3c1c

それにしても、西営盤(サイインプン)の高街(High Street)からすこし上がったところにある美術館から入った私は、構内がこんなに広いなんてみじんも思わなかった(知識として広いことは知っていたが)。

SORop8%gQXWQSAKuD+t1wg_thumb_3c1d

もちろん美術館は無料。建物も歴史建造物であり、陳列物の数々も素晴らしいので必見です。

R3Cc8maUTvun2lswyYaWPQ_thumb_3c41

hGzvDwMYQ8WaUJbsDVO2Zg_thumb_1820

この狭い香港でこの敷地。なんて贅沢なのでしょう。地下鉄駅直結エレベーターがあり、道路も横切る大学が存在しているのだから、本当に驚いた。

cUL5MudGSEqv5Uv+3EMI9g_thumb_3c86

大学の中に、ハイウェイが走っている。

cbDdxn3MQHCo99tsbxCqjw_thumb_3c62

スタバはもちろん、お粥店やフレンチカフェ、大きな書店までもあり、ここで1日過ごしても飽きない。(実際は、学生と関係者のみが利用できるので、観光客は禁止らしいけれど。いかにも観光ぽくなければ、問題なさそう)

FPE8yVLSSqqOj1GDm4a0Gg_thumb_3c9b

本屋さんも充実。

fvRQdhfDT1ysk2WtOpXsxw_thumb_3ca6

近くのご飯屋さん。学生価格がある。

+ue1uNAOQ26luC96rPUYXg_thumb_3cc4

なんとかここで学ぶ方法はないものか?と考えたが、ランゲージスクールも入学資格が25歳までとな、残念。次に生まれ変わった時に来よう。

香港大学ビジターセンター
https://www.visitorcentre.hku.hk/