「猫猫的香港」写真展開催中

お久しぶりです。

事情により、長らくこちらの更新が出来ず失礼いたしました。
いまこのような時、週末香港なども可能だった時代が大昔のよう。
まさか、まったく行くことが出来ない日がくるとは、。

ここを読むみなさま同様に、香港が恋しくて恋しくてたまらない。
夢にも出てきますね。あの臭い、まとわりつく湿気、室外機から落ちる水や爆風(あ、これは路地裏ばかり歩くから)。
いまいましい?信号機の音やついていけない速度のエスカレーターさえ、すべてが愛おしい今日この頃。

いますぐ飛んでゆきたい!!!!!!!

毎度買いためる中国茶のティーバッグとか調味料とか乾物の在庫がもうありませ~~ん。。。切実(T_T)

神様、どこでもドアください。

最後に香港へ行ったのが2019年の12月。すでに1年とちょっとが過ぎました。その年末はデモも激化する一方で、街中を歩く時もデモの場所と日時を注意する状況。壊れた信号機を手旗で交通整理するさま、飛んできた物が散乱したり火炎瓶などで汚れた道路、スローガンや落書きがあらゆるところに見られ、店によっては結業を余儀なくされてしまったり、すでに香港を出国する方などもおり、たくさんの悲しい気持ちを抱えながら歩きました。

混乱の中でも、いつものように日々の仕事に従事する香港の市井の人々を垣間見ながら、わずかながらの買い物や滞在でお金を落として、心の中で応援するしか出来ない自分。辛いです。

前置きが長くなりました。

以前、香港の「看板猫」のお話を書きました。私がよく滞在している乾物屋街では、お店で飼われている猫がたくさんいます。それでも朝夕のご飯タイムを逃すと、ほとんどが昼寝中。
(そりゃ、1日4時間しか起きていないからね) 

香港は島嶼部とか僻地の村などに行かないかぎりは、町中で放し飼い猫はほとんどおらず。店の猫ですら、とてもとても大切にされている&実は持って行ってしまう人がいるらしく、厳重に首輪や綱がついている子が多い。
「撮るだけ」なのに、あまりしつこくしていると「取られる?」と警戒されます。

普通の飼い猫たちは、マンションなどはもちろん室内飼い。
ですから、実は1日中歩き回っても、残念ながらまったく猫さまに出逢わない日もあるのでした。

とある早朝、桜猫(日本同様に耳カットしてある地域猫)にハシゴ持参でご飯をあげている女性に出逢う。
女性のほうから声をかけてくれたので、毎朝夕にご飯をあげに来ていることを知りました。
屋根の上や高いところに住んでいる猫さまたちのためにハシゴ持参なわけ。

大きいハシゴを抱え颯爽と帰る彼女の後ろ姿。カッコイイ♪

帰り際に、屋根の上からご飯を食べ終わり降りてきた一匹が彼女をお見送り。印象的でした。

普段は、配管や信箱など動かない物を撮り続けている私ですが、その道すがらに出逢った猫さまたちを撮らせていただいて早10年?私は望遠レンズを持たない単焦点レンズ主義なので、ほとんど至近距離で、まず彼らと会話をします。

「撮ってもよろしいですか」と。

快く「いいわよ」と言われた猫さまたちの写真もかなりたまりました。


      ということで、ここからは宣伝です。

ただいま府中は多磨霊園駅近くのギャラリーカフェ星星峡にて、「猫猫的香港」写真展を開催中。

カフェギャラリーですので
ワンドリンクオーダーお願いいたします
https://seiseikyo.com/
上の2枚の写真の展示はありませんが、販売しているPhotobookには掲載
(Photobook「猫猫的香港 Hong Kong Cats 」送料込み ¥1,500 販売中
)


お店は万全の感染予防対策をしております。
どうぞマスク着用の上、ご来場くださいませ。

詳細は、トップページへ。

私の在廊予定日は、17,20,23日オール、26日夕方になります。
人気店のため、ランチタイムは特に混雑します。お時間に余裕を持ってお出かけください。

香港迷の皆様と、静かにお会いできますことを楽しみにしております❤️

久しぶりにブログを書いたら、すこし書きたいことがふつふつと沸き起こって参りました。引き続きまして、ごひいきに。今年もよろしくお願いいたします。(農歴新年からのスタートですけん)

山竹?! キタ〜。旅先で台風に遭う

旅先で災害には遭いたくないが、季節柄9月というのはどこに行くにも不安はよぎる。ましてや南に向けて飛行機に乗る場合は、飛行場の閉鎖、はたまた乗るべき機体が飛んでこないなど、当地は晴天なのに旅程の変更が余儀なくされる場合もある。最近は季節外れでの台風勃発も多いが、やはり過去の統計からいくと9月の台風発生率は高い。

スクリーンショット 2019-02-14 22.45.15.png
台風がキタ。その名は「山竹(マンゴスチン)」

そして、彼女【山竹】はやってきた。私が大好きな果物の女王だ。竹のつく広東語は多いけれど、山竹がマンゴスチンとは初めて知った。果物のマンゴスチンは小さくてネーミングは可愛いが、サイズは巨大なシグナル10と云う。週末の土日にドカンとくるらしい。2017年のやはりシグナル10で香港マカオに未曾有の被害をもたらせたニュース映像が頭をよぎる。

この期間は仕事。香港ジュエリーショーのために滞在をしていた。仕入れなどは前半に済んでいたが、後半は香港島のビクトリア湾に面した湾仔の展示場でまだ開催中である。しかし金曜日の段階で、台風など遭ったこともない諸外国の出展ブースはとっとと帰国してしまったり、被害によって飛行機が飛ばないなどを予想してのことだと思うが、会場は入場中止になるのでは?と、いつもの賑わいが一転し非常事態に突入している空気が流れていた。(現実には、安全性よりも売り上げ重視で中止にはならなかったのですが)

う〜む、まぁ会場にいる分には問題ないが、やはり台風の時には出歩かないほうがいいに決まっている。はて、どこにも行けないしどないしまひょか〜と怖れるも、前日も実はかなりの晴天の香港であった。日本でもそうであるが、地域によって未曾有の被害が生じる場合もあるので、昨今のニュース報道では災害の前からかなり大げさと思われる避難のための勧告や警告が1日中流れている。

香港でもご多分にもれず、中心部のスーパーマーケットでは水や食品などの買い占めがあり、すっからかん。それもニュースになっていた。が、土曜日はほとんど夕方までは風こそ強いが雨もそれほど降っていなかったので、普通に出歩いても平気だった。さすがに夜になると、外に出ているものは仕舞われていたり、大きな鉢植えや木が心許ない程度のヒモで結んである光景なども見られた。

前年の被害が鮮明に頭にあったであろう香港人。週末に来るぞ〜という台風のために、2、3日前からなんと粛々と準備をしていた。そう。あの昔の日本なども戦時中にやっていた「窓ガラスにテープ」である。万が一ガラスが割れた時の飛散防止である。歩き回っていると、すでに貼っていた店。貼っている途中の店などが目に付く。強めのガムテープが前日には香港中からソールドアウトだったらしい。(本当かな?)

IMG_2538
そろっているようで、よーく見るとそろっていないのもご愛敬。

 

バッテン写真シリーズ
ちなみに、本当はこのバッテンは内側では無くて外側に貼ること。
さらに貼るときに段ボールやベニヤ板をガラスに貼ってから
それを覆うように「布テープ」で貼るとなお良いらしいです。

IMG_2495
ガラスが割れてもあまり効果がなさそうな例

IMG_2515
セブンイレブンもこのとおり

IMG_2796
赤いテープがおしゃれです、が、ちょっと足らないでしょ。。。

IMG_5120
赤柱(Stanley Market)から戻る途中、Ferrariにて。貼っている最中でした

IMG_2330
「信箱」とバッテン窓ガラスのコラボ

ということで、なかなか遭遇しない台風前日の香港の様子とその翌日の写真を撮ってきました。真剣に探すと、もっと面白いバッテンだけでは無い絵とかマンガバージョンもあったらしいのですが、それらには出会えず残念なり。

翌日の様子はこちら

木々はなぎ倒され、海に面したホテルやビルなどでは、ガラスが割れ浸水などの被害もあり一部は深刻な被害もありましたが、今回は怪我人も少なく、実は微妙に中心はそれた分、「シグナル10」でこれ?くらいの大きさに感じました。

その日私はairbnbの部屋貸しホームステイ中。高台の比較的新しいマンションの上階に1日中おりましたが、簡単な食料は買ってあったけれど、1日中缶詰だったことで、前代未聞のステイ先のオーナーさんが作ってくれた夕食にありついたり、時間が有り余っているので猫話に花が咲き、ダイスゲームをしたりと、いまだかつてない経験となりました。あ、ステイ先には猫が2匹もいたこともいい思い出です。またジュエリーショーの期間だったため、仲間もたくさん来港していたので、情報交換も出来たのであまり心配はありませんでした。

シグナル10といえども幸いにそれほどの被害が無かったこともありますが、やはり旅先で災害には遭いたくないですね。