HOME

News

hkc_2018_poster

島津真紀写真展
「香港投影」
Hong Kong Color

8/2(木)- 9/4(火)
11:30 – 23:00

Place :  Shop & Gallery Café星星峡
府中市若松町1-26-6
京王線『多磨霊園』駅 徒歩7分
西武多摩川線『白糸台』駅 徒歩11分

*Cafeのため、ワンドリンクのご注文をお願いいたします。

水曜定休

8月の定休日は、サイトをご確認の上、お出かけください。

https://www.facebook.com/cafeseiseikyo/

hkc_10


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ past ~~~~~~~~~~~~



島津真紀写真展「箱信」 in 香港 開催

DATE: 2018/4/17-5/20 
TIME: 11:30-19:30
PLACE: ARTS & Crafts Studio H401 in PMQ(元創方)

hakosin2018_02hakosincard_02

このたび、2017年12月に東京小伝馬町Roonee 247 Fine Arts にて開催し200名以上の方々に見ていただきました「箱信」写真展を、香港においても開催する運びとなりました。

場所は香港島上環の孫文も通った歴史的建造物として、また若手デザイナーたちの発信地として賑わうPMQ(元創方)の一室 ARTS & CRAFTS STUDIO GALLERYでございます。

「信箱」は、いまでも香港製造のブリキの郵便受けとして存在しておりますが、古い建造物や集合住宅が新しいマンションに建て替わり、時代の流れとともに消えゆく存在です。

香港人からも、「こんなにたくさんの信箱写真は見たことがない」、香港在の日本人からは「見てみたいです。是非、香港でも開催してください」という要望がございました。
また「古い信箱」は香港の宝であると信じている私の強い希望もあり、本家本元でのお披露目とあいなりました。

**************************************

ジュエリーの仕入れで年に数回訪れる香港。路地裏撮影中に、ふと目にとまったブリキのポスト。
シンプルながら経年変化で味が出たもの、ペンキで色が付いたもの、簡易的なプラスチック容器まで、自由きままな香港スタイルの「信箱」。
旧市街の朽ち果てたアパートメント、高台の別荘地、漁村の水上住宅、道沿いの大木に、人の数だけ「それ」は在る。
隣国マカオにも足を伸ばし、3年間で1,000個以上の「信箱」を撮り続けてきた。
レンズを向けると「信箱」が私に訊く。「手紙きている?」そのたびに、切なくなる。
2018年1月撮影分を追加。カラー写真。展示数140枚予定。

「箱信」vintage letter box – made in Hong Kong

ARTS & CRAFTS STUDIO GALLERY
VENUE: H401, Block B PMQ Central [Arts & Crafts Studio]

DATE: 17 Apr 2018 to 20 May 2018
TIME: 11:30 – 19:30(Daily)

▼2017年12月 東京にて開催時、京都写真美術館さまから取材、掲載されました