看板猫のいる優しい街、それが香港

店頭にちょこんと鎮座する猫を集めた写真集が出版されるほど、香港の小さな店先には自他共に認める「看板猫」が多く存在し、猫好きな人たちからことさらに愛される。猫に優しいのだから、人にも優しい街が香港なのである。場所によるが街なかでは、実は思ったほどお外猫に遭遇しない。

もちろんビルの谷間の深夜や早朝には、御多分にもれずゴミを漁る姿や同じ時間に餌を置いていくボランティアの方も見かけるが、外にいる子も首輪がついた飼い猫の方が多く、地代が高く小さめなフラットながらも室内飼いは徹底していると思う。ゆえに、外を出歩いている猫ではなく、深窓のご令嬢然とガラス越しに見かけることもある。

_1450396
「どんこ」今日のイチオシだにゃん
18446761_10208346056640195_4410073013938008528_n
繋がれているのは犬より猫が多し
18527663_10208354977103201_6450039662591043_n
水飲み場完備

私が定宿としている香港島側の西營盤(サイインプン)あたりは上環方面までのストリート沿いがほとんど海鮮の乾物屋さんだ。先日泊まったairbnbは、まさに店の上階に位置しており、朝窓を開けるとプーンと極上の香りが漂ようのであるから、すっかり住んでいる気分が満載になる。そして、やはり「乾物屋さんに猫」は一番絵になる。

26815260_10209982749596496_4613627066293361715_n
食べ放題にゃん?

店の軒先に猫がいるというのは、猫好きにしてみると「どーんとこい」なのであるが、清潔な方、猫アレルギーの方にとってはどうなのだろう?ふっとそんなことも思う。が、いろんな理由から店で飼われている猫は多い。理由のひとつには、「ネズミをとるから」というのが筆頭に上がるが、昨今の猫はネズミ見たら逃げだすからね。。。はて、役に立っているのだろうか。

いずれにしても、可愛いから単に「看板猫」にしているのでは?まぁそれはそれで大賛成。実際に、要所要所の有名な子たちは、来港するたびに訪問してしまうコアなファンもいるほど。

30815803_10210639080364355_5471884608144001182_o
某店のまさに有名な看板猫・Tiger君

客商売とはいえ、勝手気儘な猫のこと。気が向いたら相手をしてくれるかも知れないね?というくらいのスタンスでシャッターを切らせて頂くときはきちんとお伺いを立てておるにゃ。

16178491_10207511618019751_7206112902585883180_o
眠いんねん、声かけんといてや

道ゆく猫たちとも、いつも不思議な出会いがあり、彼らに道を誘導されたり、キメポーズの撮影をさせられているが、単なる店先や街角に「猫おんねん」な写真の方がどれだけアクセントになることか♪

日々クンクンしながら配管だけでなく、猫も探し求め歩く私なのである。

香港でフォトジェニック・ブルー(藍色)♪私的ベスト5。

香港では、赤、緑、青、黄までは制覇した、私の撮影テーマ「色」シリーズ

第1回は、大好きなブルーから。広東語では藍色。まずはいわずと知れたこちらがベスト1。冬のジャケットを着ているのはだめ。ポリスマンの半袖ブルーシャツ、長袖をまくっているのもやや萌え。えぇ、やや・・・ね。

香港ポリスを見ると追いかけ。そして必ず撮影してしまうのであるが、ほとんど後ろ姿。つまりお仕事中の方を正面切って撮れないこともあるし、実は顔が見えないほうががっこええ〜(おい)。いまどき若いポリスマン、まぁ腰も細くてそんなんで警官つとまるのかな〜箸も持てなさそうにか弱かったりする。それはさておき、やっぱり前から見たらアンディかトニーかも?と単に渇望しすぎ。はい、いないから(きっぱり)

hkblue_004

そしてお次は、こちら。私の大好きなスターフェリー「天星小輪」の水兵さん・・・と呼ぶにはちょっと妙齢で、にこりともしないツンデレおじさまたち。☆のマークに2本線のセーラー服。そう、あのセーラー服よ。薬師丸ひろ子か『ヴェニスに死す』のタッジォだけではない。そんなセーラー服もある、と知った18の夜(だったかな)このでれーっとゆるゆるなセーラー服見たさに、用もないのに何度も中環と尖沙咀を行ったり来たりするのである。あ、おじさん見たさでは無かった。実はおじさんのロープワークが大好き。ほんの数分しか乗らないのに、この海の旅が楽しいのは必ず2回は見ることができるおじさんのロープワークショー(なの?)があるから。これが見られていまだにHKD2.7の乗船料。暇つぶしにはもってこい。素晴らしい。グッジョブ香港。

hkblue_003

竹の足場は湿気を含み、いい感じに弛むからということで、いまだにどんな高層ビル建築でもこちらを使う香港。街のあちらこちらに積み上げられたものを見かけるし、常に工事中の香港ではこの状態で屋根になっている歩道を歩くことも多い。そこで登場するのが、この雨よけ。ブルーと白の縞々カバー。竹とセットである。これが入ると絵にならないのよね〜と避けていたけれど、あえて「絵にしてみた」。

hkblue_010

これは別に香港だけではないけれど。ウォーターサーバー用の水。やはり暑いから?水道水飲めないから?商業地区でもマンションでも、普及率が異常に高い(と思う)。道路にはこの状態で積んであり、運搬車もよくみかける。光が当たるととても綺麗で、ついパチリ。

hkblue_011

安心安全を表す色として標識も多い。(こじつけました、すみません)

hkblue_009

hkblue_013

また過去の写真を掘り出して、「色」シリーズはご紹介予定です。