東京写真月間2019「Meets Hong Kong 」に参加します

【Meets Hong Kong ★ミニ「箱信」写真展&トークイベントのお知らせ】

2017年の東京での個展および2018年の香港PMQでの個展にてお披露目した150枚の中から、選りすぐりセレクトを再びご覧いただけます。

ミニ写真集「箱信1」「箱信2」、葉書10カット、展示写真も同時販売いたします。

まことに僭越ながら、トークイベントにも登壇。「香港路地裏撮影は3Kだけど楽しい」というようなお話をしたいと思います。

開期はほぼ2週間にわたり、私のトークタイムは週末に3回ございます。お時間ございませば、遊びにいらしてくださいませ。

【トークイベントのスケジュール】
■5月25日(土)
14:00~ 細井研作(KEN3TV)&柴田誠
16:00~ 細井研作(KEN3TV)&柴田誠
■5月26日(日)
★14:00~ 島津真紀&柴田誠
15:00~ 香港猿創
★16:00~ 島津真紀&柴田誠
■6月1日(土)
★14:00~ 細井研作&島津真紀&松田浩一&柴田誠

▼イベント情報
「日本香港観光年」として、日本と香港で様々なイベントが開催されている2019年。東京写真月間の関連イベント「Meets Hong Kong」では、香港人写真家集団Artistic 7+のメンバーの作品を展示販売します。

また、香港を撮影している日本人の写真家の作品も展示。香港人が伝える今の香港の姿と日本人が捉えた香港、その視点の違いを体感できる写真展です。

さらに今回、オリジナルの香港グッズで人気を集める
香港猿創(https://www.hkoapes.com/i)、
Skip Rain(https://skiprain.stores.jp
のショップが会場内に期間限定オープン。香港でしか手に入らない香港猿創のショッピングバッグや飲茶柄のハンカチ、オンラインショップでしか販売されていないスキップレインの各種グッズが会場で購入することができます。

5/25-26の週末には、香港猿創のオリジナルジュエリーの販売をはじめ、トークショーなど、各種イベントも開催予定。香港の写真と共に、香港文化の一端に触れていただけるイベントMeets Hong Kongにぜひお立ち寄りください。

━━━━━━━━━━━━━━━
5/23-6/3 Meets Hong Kong
場所:ヒルトピア アートスクエア
主催:Japan Photo Globe
協賛:香港猿創/Skip Rain
協力:香港政府観光局
詳しくはFacebook[Meets Hong Kong]で検索
https://www.facebook.com/events/539311396599167/
━━━━━━━━━━━━━━━

60912655_2220276461386050_365961115181514752_n
東京・新宿に香港がやってくる♪
60394531_10212880383875542_6047932608447250432_o
2018年4-5月香港PMQでの個展風景です
60356333_10212880409316178_8679076251681423360_o
路地裏撮影中に、ふと目に留まった「箱信」を撮り続けて5年が過ぎました
60710014_10219202695838778_3159797054436278272_o
ヒルトピアへのアクセスです

香港でフォトジェニック・ブルー(藍色)♪私的ベスト5。

香港では、赤、緑、青、黄までは制覇した、私の撮影テーマ「色」シリーズ

第1回は、大好きなブルーから。広東語では藍色。まずはいわずと知れたこちらがベスト1。冬のジャケットを着ているのはだめ。ポリスマンの半袖ブルーシャツ、長袖をまくっているのもやや萌え。えぇ、やや・・・ね。

香港ポリスを見ると追いかけ。そして必ず撮影してしまうのであるが、ほとんど後ろ姿。つまりお仕事中の方を正面切って撮れないこともあるし、実は顔が見えないほうががっこええ〜(おい)。いまどき若いポリスマン、まぁ腰も細くてそんなんで警官つとまるのかな〜箸も持てなさそうにか弱かったりする。それはさておき、やっぱり前から見たらアンディかトニーかも?と単に渇望しすぎ。はい、いないから(きっぱり)

hkblue_004

そしてお次は、こちら。私の大好きなスターフェリー「天星小輪」の水兵さん・・・と呼ぶにはちょっと妙齢で、にこりともしないツンデレおじさまたち。☆のマークに2本線のセーラー服。そう、あのセーラー服よ。薬師丸ひろ子か『ヴェニスに死す』のタッジォだけではない。そんなセーラー服もある、と知った18の夜(だったかな)このでれーっとゆるゆるなセーラー服見たさに、用もないのに何度も中環と尖沙咀を行ったり来たりするのである。あ、おじさん見たさでは無かった。実はおじさんのロープワークが大好き。ほんの数分しか乗らないのに、この海の旅が楽しいのは必ず2回は見ることができるおじさんのロープワークショー(なの?)があるから。これが見られていまだにHKD2.7の乗船料。暇つぶしにはもってこい。素晴らしい。グッジョブ香港。

hkblue_003

竹の足場は湿気を含み、いい感じに弛むからということで、いまだにどんな高層ビル建築でもこちらを使う香港。街のあちらこちらに積み上げられたものを見かけるし、常に工事中の香港ではこの状態で屋根になっている歩道を歩くことも多い。そこで登場するのが、この雨よけ。ブルーと白の縞々カバー。竹とセットである。これが入ると絵にならないのよね〜と避けていたけれど、あえて「絵にしてみた」。

hkblue_010

これは別に香港だけではないけれど。ウォーターサーバー用の水。やはり暑いから?水道水飲めないから?商業地区でもマンションでも、普及率が異常に高い(と思う)。道路にはこの状態で積んであり、運搬車もよくみかける。光が当たるととても綺麗で、ついパチリ。

hkblue_011

安心安全を表す色として標識も多い。(こじつけました、すみません)

hkblue_009

hkblue_013

また過去の写真を掘り出して、「色」シリーズはご紹介予定です。