山竹?! キタ〜。旅先で台風に遭う

旅先で災害には遭いたくないが、季節柄9月というのはどこに行くにも不安はよぎる。ましてや南に向けて飛行機に乗る場合は、飛行場の閉鎖、はたまた乗るべき機体が飛んでこないなど、当地は晴天なのに旅程の変更が余儀なくされる場合もある。最近は季節外れでの台風勃発も多いが、やはり過去の統計からいくと9月の台風発生率は高い。

スクリーンショット 2019-02-14 22.45.15.png
台風がキタ。その名は「山竹(マンゴスチン)」

そして、彼女【山竹】はやってきた。私が大好きな果物の女王だ。竹のつく広東語は多いけれど、山竹がマンゴスチンとは初めて知った。果物のマンゴスチンは小さくてネーミングは可愛いが、サイズは巨大なシグナル10と云う。週末の土日にドカンとくるらしい。2017年のやはりシグナル10で香港マカオに未曾有の被害をもたらせたニュース映像が頭をよぎる。

この期間は仕事。香港ジュエリーショーのために滞在をしていた。仕入れなどは前半に済んでいたが、後半は香港島のビクトリア湾に面した湾仔の展示場でまだ開催中である。しかし金曜日の段階で、台風など遭ったこともない諸外国の出展ブースはとっとと帰国してしまったり、被害によって飛行機が飛ばないなどを予想してのことだと思うが、会場は入場中止になるのでは?と、いつもの賑わいが一転し非常事態に突入している空気が流れていた。(現実には、安全性よりも売り上げ重視で中止にはならなかったのですが)

う〜む、まぁ会場にいる分には問題ないが、やはり台風の時には出歩かないほうがいいに決まっている。はて、どこにも行けないしどないしまひょか〜と怖れるも、前日も実はかなりの晴天の香港であった。日本でもそうであるが、地域によって未曾有の被害が生じる場合もあるので、昨今のニュース報道では災害の前からかなり大げさと思われる避難のための勧告や警告が1日中流れている。

香港でもご多分にもれず、中心部のスーパーマーケットでは水や食品などの買い占めがあり、すっからかん。それもニュースになっていた。が、土曜日はほとんど夕方までは風こそ強いが雨もそれほど降っていなかったので、普通に出歩いても平気だった。さすがに夜になると、外に出ているものは仕舞われていたり、大きな鉢植えや木が心許ない程度のヒモで結んである光景なども見られた。

前年の被害が鮮明に頭にあったであろう香港人。週末に来るぞ〜という台風のために、2、3日前からなんと粛々と準備をしていた。そう。あの昔の日本なども戦時中にやっていた「窓ガラスにテープ」である。万が一ガラスが割れた時の飛散防止である。歩き回っていると、すでに貼っていた店。貼っている途中の店などが目に付く。強めのガムテープが前日には香港中からソールドアウトだったらしい。(本当かな?)

IMG_2538
そろっているようで、よーく見るとそろっていないのもご愛敬。

 

バッテン写真シリーズ
ちなみに、本当はこのバッテンは内側では無くて外側に貼ること。
さらに貼るときに段ボールやベニヤ板をガラスに貼ってから
それを覆うように「布テープ」で貼るとなお良いらしいです。

IMG_2495
ガラスが割れてもあまり効果がなさそうな例
IMG_2515
セブンイレブンもこのとおり
IMG_2796
赤いテープがおしゃれです、が、ちょっと足らないでしょ。。。
IMG_5120
赤柱(Stanley Market)から戻る途中、Ferrariにて。貼っている最中でした
IMG_2330
「信箱」とバッテン窓ガラスのコラボ

ということで、なかなか遭遇しない台風前日の香港の様子とその翌日の写真を撮ってきました。真剣に探すと、もっと面白いバッテンだけでは無い絵とかマンガバージョンもあったらしいのですが、それらには出会えず残念なり。

翌日の様子はこちら

木々はなぎ倒され、海に面したホテルやビルなどでは、ガラスが割れ浸水などの被害もあり一部は深刻な被害もありましたが、今回は怪我人も少なく、実は微妙に中心はそれた分、「シグナル10」でこれ?くらいの大きさに感じました。

その日私はairbnbの部屋貸しホームステイ中。高台の比較的新しいマンションの上階に1日中おりましたが、簡単な食料は買ってあったけれど、1日中缶詰だったことで、前代未聞のステイ先のオーナーさんが作ってくれた夕食にありついたり、時間が有り余っているので猫話に花が咲き、ダイスゲームをしたりと、いまだかつてない経験となりました。あ、ステイ先には猫が2匹もいたこともいい思い出です。またジュエリーショーの期間だったため、仲間もたくさん来港していたので、情報交換も出来たのであまり心配はありませんでした。

シグナル10といえども幸いにそれほどの被害が無かったこともありますが、やはり旅先で災害には遭いたくないですね。

香港大学で「配管ずラブ」

あとん10歳若かったら、たとえ東大より難関だと言われようが、私は挑んだ(かも知れない)。ここで学びたい、と。そう、香港で最も古い国立大学であり、孫文も学んだという学舎。私の大好きなあの存亡の危機にある古き良き薄扶林村の手前に位置している。村に下宿して、徒歩通学で完璧だ(妄想)

6O8dJR6iSBSZ6IfrPeAdJQ_thumb_3c8b

地図を見るだけでもその広さがわかります。

tqhbfTeRQea7V9T97TjHig_thumb_3c4d

それにしても、なんて素敵な場所。風水的にも素晴らしい空気が流れる高台にあり、大好きなビクトリア湾を望める絶景なのだから。

x9jC2zfFQ32vNjclteubXw_thumb_3c89

BbkQtaYxS0eIPHEvR7lWeQ_thumb_3c48

実は、駅(なんと「香港大学駅」という名前で、2014年にMTR港島線が延びたためアクセスが便利になった)の周辺は出没したことがあったのだが、今年5月の滞在の時にやっと初潜入を果たす。はい、当然ながら構内は自由に散策出来るのだ。私は美術館訪問がまずはの目的だったのだけれど、その後その広い構内をくまなく徘徊することに。しかし傾斜きつい。広すぎる。

特に目を見張ったのは、はい、その建物の立派さと緑の深さ。そして、そこにドドドーンと名脇役大賞を与えたいくらい怪しく素敵に存在する「配管たち」である。

z0DsGhbcQzqlIaEFIHiqYw_thumb_3c72

単なる「配管」は、ストリート写真を撮ろうとすれば嫌でも被写体に入ってしまう香港である。だが、しかし・・・ここの「配管様(敬称付)」は、そんじょそこらの配管とは違う。もう配管LOVERS撮影ツアー組みたいくらいに、その趣と佇まいが、ちが~うのです。

WS79bF2TRZiZso6+GjDHtw_thumb_3c50

ANpEssf8Ta20Ie4BvIv0eg_thumb_3c79

pRfNBYUWS6St8gin2C1zzQ_thumb_1f66

942kcAzjRbefkQYfF20RJQ_thumb_3c1c

それにしても、西営盤(サイインプン)の高街(High Street)からすこし上がったところにある美術館から入った私は、構内がこんなに広いなんてみじんも思わなかった(知識として広いことは知っていたが)。

SORop8%gQXWQSAKuD+t1wg_thumb_3c1d

もちろん美術館は無料。建物も歴史建造物であり、陳列物の数々も素晴らしいので必見です。

R3Cc8maUTvun2lswyYaWPQ_thumb_3c41

hGzvDwMYQ8WaUJbsDVO2Zg_thumb_1820

この狭い香港でこの敷地。なんて贅沢なのでしょう。地下鉄駅直結エレベーターがあり、道路も横切る大学が存在しているのだから、本当に驚いた。

cUL5MudGSEqv5Uv+3EMI9g_thumb_3c86

大学の中に、ハイウェイが走っている。

cbDdxn3MQHCo99tsbxCqjw_thumb_3c62

スタバはもちろん、お粥店やフレンチカフェ、大きな書店までもあり、ここで1日過ごしても飽きない。(実際は、学生と関係者のみが利用できるので、観光客は禁止らしいけれど。いかにも観光ぽくなければ、問題なさそう)

FPE8yVLSSqqOj1GDm4a0Gg_thumb_3c9b

本屋さんも充実。

fvRQdhfDT1ysk2WtOpXsxw_thumb_3ca6

近くのご飯屋さん。学生価格がある。

+ue1uNAOQ26luC96rPUYXg_thumb_3cc4

なんとかここで学ぶ方法はないものか?と考えたが、ランゲージスクールも入学資格が25歳までとな、残念。次に生まれ変わった時に来よう。

香港大学ビジターセンター
https://www.visitorcentre.hku.hk/